自給自足な生活を!!

毎日ぼちぼちとブログを更新します!!バスケ、プロレスネタを中心に旬な話題もなんとなく…

独裁的なキャプテンについて

他のチームではあるが

独裁的なキャプテンがいる。

とにかく口が悪い。

バスケの実力はまぁまぁ

けど仲間にかなりの罵声を浴びせる。

死ね、なにやってんだ

馬鹿、ベンチに下がっても

いい続ける。

仲間はたまったもんじゃない。

コーチもなにもいわない。

その子には…

そしてとうとう仲間の一人が辞めてしまった。

最後の大会を残して

耐えられなかったのだろう。

そのチームのコーチには伝えた。

あのままじゃみんな辞めちゃうよ!

そのチームのコーチは答える。

あいつに何を言ってもだめだし

もしあいつに何も言わせなかったら

家にストレスを持って帰るから

家に持って帰らず仲間に罵声を浴びせても良いのか?

そうではないでしょう?

たまらず自分が伝えた。

『罵声を浴びせても仲間はついてこない。熱くなって言ってしまっても褒めないとだめ。そうしないと誰もついてこないし、敵ばかりになるよ!』親の前で言った。

少し期待したが

やはり変わらなかった。

そして仲間は去っていく。

だれが伝えてもだめなんだろう。

悲しくなる。

学校でも仲間はいない。

いったい何がその子をそうさせるのか?

じつはそのチームのヘッドコーチが

同じ性格。

そのヘッドコーチは体罰でクビになった。

そのヘッドコーチも罵声を浴びせるタイプ

真似をしているのだ。

ヘッドコーチと話ししてもダメ。

話を聞いてるようで聞いていない。

人のせいにする。

悪口しか言わない。

情けない。

辞めてしまった仲間を救えなかった。

バスケが好きなのに…

まだ中学生

この先どうなるんだろう。

みんな辞めるまでわからないんだろう。

悲しくなる。