読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自給自足な生活を!!

毎日ぼちぼちとブログを更新します!!バスケ、プロレスネタを中心に旬な話題もなんとなく…

死亡事故を見て思うこと。

身近に起きてしまいました。

まさか自分の身近な人が?

 

そんな感じです。

人はあたかも簡単に死んでしまう。

そう実感する出来事。

 

不慮の事故だったので突然であった。

頭から落ちてしまい

即死

 

あっという間の出来事

現場はもちろん騒然としていた。

救急車、警察、仲間、近所の人

人が入り乱れている。

 

安全第一とほんとに思う。

普通に安全に作業していれば

こんな事は起きなかった。

『安全に仕事しなさい』

結構鬱陶しいもんではある。

 

それは

『何も起きない』と過信しているから

鬱陶しいもんだ。

『何か起きたら』

あの時ちゃんとしていれば

と後悔しかない。

 

死んでしまえば

『平穏な日々』は送れない。

重大な怪我でも同様だ。

 

近年は法律が厳しくなり

このような事故は減ってはいるが

『無くならない』のも事実

 

このような事故は

『不安全行動』によるものがほとんど

 

自分達がいくら言っても言われても

『本人』が気をつけない限り

『死亡事故』は無くならないのだ。

 

自分は死んでしまえば終わりだが

残された者は?

家族もしかりだが

同じ会社の仲間にも影響がでる。

仲間の家族にも多大なる影響を与えてしまうのも事実。

そこまで考えたら事故は減るんでしょうけど

中々そこまでは考えないですよね。

 

とにかく死亡事故は悲惨なものです。

このブログを読んで頂いて

ちょっと頭の片隅にでも置いて頂けたらありがたいです。

 

自分もかなりのトラウマになりそうです。

『安全第一』

この言葉につきます。