読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自給自足な生活を!!

毎日ぼちぼちとブログを更新します!!バスケ、プロレスネタを中心に旬な話題もなんとなく…

ボブディランがノーベル文学賞を受賞した。

ボブディランがノーベル文学賞を見事受賞されたそうだ。

毎年村上春樹氏の受賞がさわがれるが

今年の受賞者は

ボブディラン

それはそれでめでたい事ではある。

ちょっと気になるのは

日本の報道の在り方。

しょうがない事なんですけどね

ノーベル賞の受賞者に日本人は居ませんでした。』

これが最重要項目となり

『偉大な発見や発明』は

外国の方が受賞したら

『皆無』となる。

ノーベル賞を受賞するので

人類の発展の為素晴らしい事をされたのだろうと思いますが、

『日本人は居ませんでした』で済まされてしまう報道はいかがなものかと思ってしまう。

今回のノーベル文学賞の受賞者のボブディランに関してはニュース速報で流れはしたが

あるニュースキャスターは

『あまり急ぎではないニュースですが、今回のノーベル賞の受賞者は日本人がいません。』

あまり急ぎではないという言葉はいけません。

世界には素晴らしい人物がいて

それを見習い子供達が受け継ぐ

それが発展につながると自分は思います。

それでいいのか?

もうちょっと考えてほしい。

テロや事故に関しても

『日本人は居ませんでした』

イエモンの歌詞にも有りましたが

なんか違う。

そんな気がするのは自分だけでしょうか?

 

ではでは

まーさん。