読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自給自足な生活を!!

毎日ぼちぼちとブログを更新します!!バスケ、プロレスネタを中心に旬な話題もなんとなく…

『キンシャサ』 WWE中邑真輔の必殺技の意味はここにあった モハメド・アリ氏天国に旅立つ…

スポーツ スポーツ-プロレス

2016年6月3日(アメリカ)に

モハメド・アリ氏が天国に旅立った。

日本でもアントニオ猪木

異種格闘技戦を戦った事もかなり有名。

 

モハメド・アリ氏は

12歳でボクシングをはじめ

ローマオリンピックでは金メダル。

その後プロに転向し

世界ヘビー級チャンピオンにもなった。

さらに

アメリカのレストランで人種差別を受け

『川にローマオリンピックで獲得した金メダルを投げ捨てた!!』

事も有名な話。

引退後もアメリカ軍の慰問など社会貢献活動を続け

アメリカ政府より最高栄誉となる

『自由勲章』を贈られている。

そんなモハメド・アリ

74歳で天国に旅たちました。

世界各国のメディアもこの訃報を伝えた。

『蝶のように舞い蜂のように刺す』

モハメド・アリ氏は旅立ったのだ。

アリ氏のご冥福をお祈りします。

f:id:mmrakuraku:20160604225906j:plain

 

 

そこで中邑真輔の話。

中邑真輔

『キングオブストロングスタイル』

彼の必殺技は

『ボマイェ』

f:id:mmrakuraku:20160604221608j:plain

この『ボマイェ』は

アントニオ猪木の入場曲

『イノキ・ボンバイエ』からきているとのこと。

中邑真輔WWEに参戦してからは

キンシャサ』に変更している。

この『キンシャサ』には意味があり

キンシャサの奇跡』と呼ばれた一戦。

モハメド・アリVSジョージフォアマンが

コンゴ共和国キンシャサでこの対戦が行われ

モハメド・アリジョージフォアマンを破った事から

キンシャサの奇跡』と言われている。

モハメド・アリアントニオ猪木

冒頭にも記述してある通り

異種格闘技戦』で二人は対戦している。

『ボマイェ』『キンシャサ』はこの二人からきている。

 

異種格闘技戦から40年たった今

アントニオ猪木モハメド・アリ

二人の意思は中邑真輔が受け継いでいると思っている。

 

モハメド・アリ氏が亡くなり

悲しい事ではあるが

色々な形で受け継がれていく。

そんなモハメド・アリ氏に感謝したい。

 

ありがとうモハメド・アリ

 

中邑真輔関連の記事はこちらから

 

mm.maasan.jp

mm.maasan.jp

mm.maasan.jp

 

 

ではでは

 

まーさん。