読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自給自足な生活を!!

毎日ぼちぼちとブログを更新します!!バスケ、プロレスネタを中心に旬な話題もなんとなく…

本日安保法案が可決されましたね。もし我が子が自衛隊になりたいと言ったらどうするか?考えてみました。

時事ネタ 時事ネタ-社会

この記事は追記しました!

本日9/17に安保法案が可決されました。

果たしてこれからの日本どうなるのかわかりませんが、良いか悪いかはやってみんとわかりません。

この時期にうちの息子は

自衛隊に入隊する予定です。

親としてとても不安です。

しかし本人が一番不安で悩んでいるのは間違いない事。

この先不安ばかりです。


ここからは過去の記事です。


7月15日安保法案可決!!

こんなニュースが飛び込んできました。

 

そもそも安保法案ってなんなのか?

『安全保障法制の関連法案』の略です。

 

 

ここからは自分なりの解釈ですので間違っていたらすいません…

現行法の改正案10本を『平和安全法制整備法案』と

自衛隊の海外派遣をいつでも可能にする。

 

『国際平和支援法案』が作られるという事みたいです。

 

例えば日本の領域で不測な事態が起きた場合

海上保安庁』や『警察』では対処できないもの

いわゆる武力行使の出来ない『グレーゾーン』の解消

 

結局自衛隊による『武器を使って防護できるもの』

みたいです。

 

さらに

『日本人が海外でなにかあった場合そこの国が協力してくれたら武力行使できる』

 

集団的自衛権もそのうちの一つで

『日本と日本の友好国になんかあった場合には武力行使する』

との事です。

 

結局のところ『自衛隊が行くか行かないか?』が問題です。

 

深夜のニュースで

『結婚したての自衛官の奥さん』がインタビューを受けていましたが

今回の件についてこう答えてました。

 

『旦那さんが自衛隊にいて海外派遣などでなにかあったら嫌だけど、旦那さんは自衛隊という仕事に誇りを持ち国を守る事をしている。もし旦那さんが自衛隊をやめてしまったら国を守る事が出来なくなってしまうので、旦那さんの為にもやめてほしいとは言えない』と語っていました。

 

自分はこのように聞いていたのでもしかしたら御幣があるかもしれません。

 

けど我が子が『自衛隊』に今から入るとしたらどう考えるか?

 

台風の話題で土砂災害に気をつけて!!と毎回言ってきていますが

なんでかといううと

自分の親戚が『豪雨災害』により亡くなっているからです。

その時の自分は何もできなく土砂崩れにより道もなく

ただ茫然と立ち尽くすだけ。

 

その時に助けてくれたのは『自衛隊の方』でした。

忘れもしませんが、水は井戸があったので大丈夫でしたが

食糧は底をつきそう。電気はない。不安な日々を送らなくてはいけないところを

自衛隊の方が来てくれて色々お世話してくれました。

 

土砂崩れにより埋まった親戚を出してくれたのも彼らです。

女性の方もいてより一層安心感を得たのも忘れません。

 

今回の集団的自衛権の件で『海外派遣』が可能になるという事で

我が子が『自衛官』になりたいといえば

以前なら大賛成だったと思います。

自衛隊の方に色々助けてもらいましたから…

 

子供の選ぶ道なのでしょうがないかもしれませんが

今の感じでは少しだけ反対しそうです。

 

我が子をみすみす危険な目にあわす事はありませんから…

けどニュースの自衛官の奥さんの話

『国を守る仕事』という言葉に心を打たれたのも事実です。

 

これからの日本どうなっていくのかわかりません。

この法案が良い方向に向くかもしれませんし悪い方向にいくかもしれません。

結局『自衛隊の方』が行く事なのでなんともいえません。

全て想像でしか物も言えませんので…

 

あなたの大事な人がこれから自衛官を目指すとしたらどうでしょう。

反対しますか?賛成しますか?

けどいくら周りが反対や賛成しても決めるのは本人なので…

なんとも言えませんよね。

 

今回の法案可決を受けて

中学校の時に読んだ

与謝野晶子の詩を思い出します。

それ以上は書きませんが

これからの日本良い方向に向く事だけを祈りたいですね。

 

あの有名な浜田幸一先生が叫んだそうです。

『かわいい子供達の時代の為に自民党があるっちゅうことを忘れるな!!

おまえらの為だけに自民党がるんじゃないぞ!!』

 

そうですね。子供達の未来の為がんばってほしいです。

よろしくお願いします。

 

ではでは

 

まーさん。