読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自給自足な生活を!!

毎日ぼちぼちとブログを更新します!!バスケ、プロレスネタを中心に旬な話題もなんとなく…

バスケ 日本人初のNBAプレーヤー田臥勇太という男が『夏の憂鬱』について語る。

スポーツ スポーツ-バスケ

『日本人初NBAプレーヤー 田臥勇太

 

f:id:mmrakuraku:20150707165135j:plain

 出典:http://www.adnet-sakigake.com/kyo/interview/tabuse/tabuse.html

バスケをしている人なら彼の名前を知らない人はいないと思う。

1980年10月5日生まれ 

神奈川県横浜市出身

173cm/75kg

この小さな体で『日本人初のNBAプレーヤー』になるとは

誰も思わなかった事でしょう。

そんな彼がコラムを書いていたのでちょっと気になり

読んでみました。

 

 

 

田臥勇太の経歴』

ざっくり説明します。

  • 高校時代関東大会までいった母親の影響でバスケを始める。
  • 大道中時代に全中に出場し全国3位BEST5に選ばれる。
  • 能代工業に進学し史上初の9冠を達成
  • プリガムヤング大ハワイ校に留学し勉強した後全試合に出場MVPも獲得した。
  • トヨタ自動車アルパルクに入団しデビュー戦で満員御礼となる観客を動員した。
  • NBAに挑戦しフェニックスサンズと契約開幕戦を含む4試合に出場した。 
  • 今現在リンク栃木でプレー中

細かく伝えるといっぱいあるのでざっと説明しました。

それほどまでにすごい選手なのだ。

 

『背が高くないとバスケは出来ないよ』を根底から覆した一人でもある。

子供を指導する際によく田臥勇太の話をさせてもらう。

『小さくてもバスケが出来てNBAプレーヤーにもなれるよ!!』

彼のおかげでバスケをやめないで続ける事を決めた子も多数います。

 

そんな彼も色々と苦労しているのがコラムから伝わってきました。

秋田県能代工業高校

バスケの超名門である。

そこでの『夏の憂鬱』を語っている。

 

能代工業といえば『スラムダンク』の山王工業のモデル?

と言えるほどバスケの強い高校だ。

今でこそちょっと優勝からは遠のいているが

名門中の名門。

バスケット界で活躍するOBも多数いる。

 

能代市はバスケの町として有名

そんな能代市民が楽しみにしている

能代工のOB対現役の試合

YOUTUBEでもUPされるくらい有名な試合。

 

能代工のOBは前述したとおり全日本代表クラスの先輩が

ごろごろしてるのだ。

そんな人達相手にコテンパンにされても

勝たないとこれこそ有名な

『加藤光彦監督』に怒られるそうだ。

そこのあたり相手はJBLの選手や大学生なんだから…

と思うところもあるが許されないそうだ。

そんな試合で変なことをすると

能代市民からもブーイングを浴びるくらい。

これが夏で一番きつかった事とあげている。

 

自分達の夏の練習といったら

『ボールを触らない走り込み』しか思い浮かばない

その当時は水を飲む事も許されなかった。

きつすぎて吐いたりなんか日常茶飯事だった。

 

その辺もふれているがそれ以上にきつかったのが

この試合だったそうだ。

 

これは知らなかった事ですが

この加藤先生が高校時代に全国大会で負けた後に

店に買い物に行くと

『買い物する暇があるなら練習しろ!!』なんていわれたくらい

能代の町はバスケを愛しているんだなと感じます。

ただ彼が全国大会で連覇中の時は色々ごちそうになったりしたみたい。

 

そんな市民の暖かさが能代工業を強くしていったんだろうと思います。

そんな町なかなかありませんからね…

 

練習がきつくて逃げ出してもすぐに市民から通報が入り

連れ戻される事もしばしばだったそうです。

 

田臥勇太が『能代工業』の事を語るのは

彼のバスケ人生において

能代工業』という場所が彼のバスケ人生を大きくかえた

変化点だとこのコラムを読んで感じたところです。

 

サッカーや野球を違い世界で活躍する選手も少ない

バスケットボールという競技

 

 

彼が『小さくても日本人でもやれる』という事を実証してくれたのは

まぎれもない事実である。

 

これからもこういった選手が出てくれる事を祈り

指導していきたいと思います。

 

引用・参照元

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

ではでは

 

まーさん。